2022-11-11 16:07:00

ふいご祭り

秋の気持ちの良い日が続きますね。
弟子です。

今日はふいご祭りについて…

ふいご祭り3.JPG

鍛冶職人にとって欠かすことができない「鞴(ふいご)」。

「ふいご」とは、鍛造・焼き入れなどの際に必要な火力を調整するため、炉に空気を送り込む道具のことです。
祭りは年に一度(11月8日)、ふいごに感謝して仕事を休み、道具も休ませて皆の安全・商売繁盛を祈願します。

モノ・道具に感謝する心、大切に受け継いでいきたい神事です。

ふいご祭り1.JPG

2022-10-09 13:13:00

東京手仕事展/銀座三越

最近週末になると天気が悪くなりますね。

思うように修行が進まず若干焦っている弟子です。

今日は現在開催中の催事の模様について…

全体.jpg

銀座三越本館7階にて東京手仕事展が開催中です(~10/11まで)。

当製作所の包丁類も好評で、既に数種類お買い上げの旨ご連絡をいただきました。

八重樫打刃物製作所.jpg

弟子として意外だったのが、「花小刀」が即売したので親方がもう一本催事場に持ち込んだところ、それもすぐに売れてしまったことです。

花小刀は主に華道・生け花などで使う刃物で、鞘に銘木の黒柿をあしらった品でした。

(【製品一覧】本職用刃物に掲載しています)

お買い上げなさったのはいずれも海外の方で、日本の良い品が買えたとお喜びだったようです。

当製作所にとって催事は製品をお客様に披露する貴重な機会ですので、今後もより良い品を展示できるよう精進してまいります。

2022-08-08 22:35:00

世界遺産・日光社寺の和釘

連日の暑さに参りますね。弟子です。

今日は栃木県・日光の世界遺産修復事業について…

 

当製作所も同事業に携わっており、現在は「和釘」の修復を主に行っています。

長さ・太さは様々で、中には朽ちてしまっているものも散見されます。

 F612E18E-2A1C-4B25-B1D4-CEFD0F8D4627.jpeg

釘にもそれぞれ特色があり、いつの時代に作られたものか・作り手は誰か・どんな製法なのかと眺めるだけでも想像を掻き立てられて面白いものです。

弟子も折れ曲がった釘を伸ばす作業などやりましたが、この釘が世界遺産に打ち込まれ、のちに未来の職人の手で再生されると思うと趣深いですね。

2022-07-31 23:10:00

鍛冶職人の弟子入り

毎日暑いですね、弟子です。

ふと、このコーナーを見て下さってる方の中には「弟子入り」に興味がある方もいるのかなと思いまして。少し長文になりますが、弟子の例で良ければ参考になるかなと…

 

弟子の前職は某地方公務員で、通訳等の専門職でしたから結構やりがい持って仕事してました。

ただ弟子はモノづくりが好きで、伝統工芸品、中でも打刃物に強い興味を持っていましてね。

そんな中、葛飾区主管の「伝統工芸士弟子入り支援事業」に親方のところがあるのを見つけまして。

当時の弟子は妻子持ち・年齢制限も超えてましたので逡巡しましたが、これは人生の転機だと思い応募、有り難くも採用していただきました。

現在4年目が過ぎようとしてますが、自分の決断に後悔はありません(当然、親方家や家族が理解してくれたからこそですが)。

今日、刃物の各産地で同じような支援事業を見かけますから、鍛冶職の門戸が更に広がっている感じを受けますね。

弟子入りを真剣に考えている方の参考になれば幸いです。

2022-07-24 15:00:00

Japan Expo Paris 2022

東京手仕事の関連催事で7/14~17の期間、フランス・パリに商品を出展していました。

現地の関係者によると、今回の認定商品である安来鋼包丁のほか家庭用の包丁が好評だったそうです。

購入した方の嬉しそうな写真も送っていただきました。

包丁の柄は弟子が削ることが多いんですが、何かの縁でパリに渡り現地のお客様に喜ばれたと思うと本当に光栄ですね。

これからもお客様の満足を第一に考え、今よりもっといい品を作ることができるよう頑張ります。

パリ現地写真5.jpg